オスグットシュラッター・成長痛

  • 膝下が痛い、腫れる
  • 膝下の骨が隆起している
  • ジャンプをしたり走ったりすると痛い
  • 膝を曲げると痛い
  • 膝が痛くてボールが蹴れない
  • 正座ができない
  • 走ると膝下の骨が痛い
  • 階段の昇降で膝の下の骨が痛い

オスグットシュラッター(成長痛)とは?

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールを蹴るスポーツをしすぎると発症すると言われています。

通常は片脚のみに発症します。

通常は男児でより多くみられますが、女児のスポーツ活動がより活発になるにつれ、状況が変化しつつあります。

 

オスグットシュラッターの一般的な治療

まずは安静にし、スポーツなどの激しい運動は中止します。

痛みが激しい場合は、内服薬や湿布などを処方されます。

多くの場合、リハビリなどの理学療法治療が行われます。

遊離骨片の形成や骨性隆起のため疼痛が遺残する場合は、手術の対象になることがあります。

 

オスグットシュラッターにはこのような施術を行います

オスグットシュラッターは、多くの場合骨盤や骨格の歪みにより大腿四頭筋や大腿筋膜張筋などの異常緊張が見られます。

当院では、大腿四頭筋や大腿筋膜張筋のストレスの根本的な原因を取り除き、アキレス腱や足首などの調整を行い、再発しにくい身体作りを行います。

また、多くの治療院では静止状態でのみ施術を行いますが、オスグットシュラッターのような動作痛は、動作をしながら施術を行わないと完全な改善にはいたりません。それは静止時は痛くなく、動作時にのみ痛いからです。

また、日常生活の注意点や自宅で出来る体操なども指導し、早期の改善を目指します。

 

オスグットシュラッターが改善された患者様の声

成長痛の膝の痛みに悩んでいたS様

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前