側弯症・身体が歪んでいると言われた

  • 息苦しさや胸が苦しくなる
  • 背中や腰の片側にコブのような出っ張りがある
  • 左右の肩の高さや腰の高さが違う
  • 身体が歪んでいると言われる
  • ウエストのくびれが左右で異なる
  • 片側のカバンやブラジャーの肩紐が落ちる

側弯症とは?

側弯症とは、背骨が左右に湾曲した状態で、背骨自体の捻じれを伴うことがあります。

左右の肩の高さの違いや肩甲骨の突出、腰の高さの違い、胸郭の変形、肋骨や腰部の隆起(前に屈んだ姿勢を後方から背中を見た場合)などの外見上の特徴が見られます。

側弯症が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下などを引き起こすことがあります。

 

日本での発生頻度は1~2%程度ほどですが、女性に多く発症する傾向があるようです。

原因不明の側弯を突発性側弯症と言い、全体の60~70%を占めます。

その他、脊柱の先天的な異常による先天性側弯症、神経や筋の異常による症候性側弯症があります。

側弯症の一般的な治療

病院での側弯症の一般的な治療は、原因や程度、年齢によって異なりますが、突発性側弯症の軽度の場合は運動療法などで経過観察しますが、進行する場合は装具治療となります。

 

脊柱の成長期となる思春期に悪化する場合が多いため、進行する場合は手術を行うことになります。

また、先天性や症候性で悪化が予想される場合も、手術を行うことになります。

一般的な手術は、骨に穴をあけスクリューを設置し、そこにロッドを連結させ固定する方法が多いようです。

例えるなら、背骨に金属の添え木を当て、縛り付けて固定するイメージです。

 

側弯症にはこのような施術を行います

体格や日常生活により原因も様々ですが多くの場合、背骨や骨盤を力任せにボキボキしたりすると反対に悪化する場合が多いようです。

当院では、詳しいカウンセリングや検査で原因を徹底的に追求し、確かな技術で改善を目指します。

施術は痛くない優しい整体法ですが、効果は抜群なので安心して受診して下さいね。

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前