半月板損傷・膝の痛み

  • 膝に力が入らない感じがする
  • 膝が引っかかったような痛みを感じる
  • 膝の曲げ伸ばしができない
  • 膝関節部分が腫れて膨らんでいる
  • スポーツ等で膝を強く打ったり、激しく動かしたり捻じった時に膝に痛みを感じ、それから痛みが続いている
  • 正座をすると膝が痛くてできない
  • 階段の上り下りで膝が痛くて、身体を捻じって上り下りをする
  • 片方に体重をかけると膝が痛くなる

半月板とは?

半月板は膝関節の大腿骨と脛骨間にあるC型をした軟骨様の板で内側・外側にそれぞれあります。

クッションとスタビライザーの役割をはたしており、損傷すると膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたり、酷い場合には膝に水(関節液)が溜まり、急に動かなくなるロッキングという状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

半月板損傷・膝の痛みの原因

膝は身体の中でも特に体重による負荷が大きくかかる箇所で、片方の足に体重の10倍以上の負荷がかかることもあります。

急激な動きやムリな体勢によって膝を酷使したり、膝を強く打ちつけた時に吸収しきれないほどの負荷がかかることにより半月板が欠けたり断裂したりすることがあります。

 

また、加齢に伴い変形するため、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月板損傷が起こりやすくなります。

一般的な半月板損傷の治療法は?

整形外科などの病院では、運動療法や足底板、ヒアルロン酸の関節内注射などの保存療法か関節鏡を用いての半月切除術や修復術(ラスピング術)などの外科的治療が多いようです。

整骨院では、周辺の筋肉にマッサージや電気治療、筋肉強化などが主になるようです。

半月板損傷・膝の痛みにはこのような施術を行います

半月板損傷の痛みにお悩みの方は、多くの場合膝が伸びず曲がったままの状態が多いようです。

上向きに寝ると、膝が曲がり床から浮いている方が殆どです。また、膝関節の間が開いているため大腿外側や前面の筋肉が硬くなっています。

膝関節が曲がっていると、膝関節に均等に体重をかけることができず余計に膝が痛くなります。

 

当院では高度な技術で全身の歪みの状態を検査し、膝が痛くなる原因を徹底的に追究し、その原因を根本的に改善します。

身体・骨盤の歪みはモチロンですが、なぜ膝が曲がっているのか?なぜ大腿前面・側面が硬くなっているのか?を究明・改善し膝関節の動きをスムーズにします。

 

【豊前市】半月板損傷と言われた膝の痛み

お客様写真

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前