脊柱管狭窄症・坐骨神経痛

 

  • 10分位歩くと腰や足がツライ
  • 足が痺れる
  • 長時間立っていられない
  • カートなどで前傾すれば歩くのが楽
  • 座ったり、しゃんだりすると楽
  • 休むと、また歩けるようになる

もう大丈夫です!

当院には、脊柱管狭窄症でお悩みの方が多く来院されて、改善に導いている事例が数多くあります。

脊柱管狭窄症は、放っておくと歩行ができなくなったり、排尿障害も起こることがあり、症状が悪化すると手術の可能性もあります。

もし、アナタが脊柱管狭窄症でお悩みなら、一人で悩まずにお気軽に当院までご相談ください。

 

脊柱管狭窄症とは?

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネル(脊柱管)があります。

このトンネル(脊柱管)が、骨や靭帯肥厚、椎間板の突出などで狭くなり、脊髄が圧迫され腰の痛みや足のシビレなどを引き起こします。

 

加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多く、椎間板ヘルニアと比べ50代以降の高齢者に多く見られます。

長い間歩くと症状が酷くなり、しばらく休むとまた歩けるようになる「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状です。

一般的な「脊柱管狭窄症」への対処法は?

整形外科では、安静、薬物療法(消炎鎮痛剤・血流の改善薬)、物理療法(腰部固定帯・フレクションブレース)、ブロック療法(硬膜外ブロック・神経根ブロック)、運動療法(ストレッチ・腹筋、背筋の強化)などが多いようですが、症状が悪化すると手術の可能性もあります。

整骨院や他の整体院では、硬くなっている筋肉に対し、電気治療やマッサージなどを行うことが多いようです。

 

軽度の場合は、これらの方法で改善することもありますが、実際には

●施術直後は良いが、症状が元に戻ってしまう

●電気療法だけでは改善しない

●薬だけの処方では効果を感じられない

と悩まれている方も多いようです。

 

「脊柱管狭窄症」にはこのような施術を行います

からだ快福整体行橋では、脊柱管狭窄症の原因を

  • 骨盤の歪みや姿勢不良
  • インナーマッスルの低下

だと考えています。

骨盤や身体を支えるインナーマッスルが低下すると、骨盤や身体全体に歪みが出て、腰椎に負担が掛かります。

その結果、だんだんと腰椎の間(椎間板)が狭くなり、脊柱管狭窄症の原因となります。

なので当院では、優しい手法の骨格矯正で全体のバランスを整え、インナーマッスルの調整を行い再発しにくい身体作りを行います。

そうすることで、その場限りの対処療法ではなく、再発しにくい根本からの改善に導くことが出来るのです。

脊柱管狭窄症は、痛みやシビレで日常生活に大変な支障をきたしてしまう症状の1つです。

もし、アナタが脊柱管狭窄症の症状でお悩みなら、一人で悩まずにお気軽に当院までご相談ください。

【築上町】脊柱管狭窄症・左足が痺れて歩けない

お客様写真

こんなことなら、もっと早く来ればよかったです。

H様 築上町 農業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

【築上郡】脊柱管狭窄症・坐骨神経痛

お客様写真

半年位前から左足の裏側がシビレて、歩くのが辛くなり、病院では手術しかないと言われていました。

最初は不安でしたが、治療を受けるたびに楽になって良かったです。

これからも宜しくお願いします。

 

H様 築上郡 農業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

【行橋市】坐骨神経痛と言われた足のシビレ

お客様写真

整形外科で「坐骨神経痛」と言われて、手術を勧められていましたが、お陰で手術をしなくてよくなりました。

 

M様 行橋市 60歳代 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

【豊前市】坐骨神経痛・足のシビレ

お客様写真

坐骨神経痛と言われて手術しかないと諦めていましたが、こちらに来てみて良かったです。

あれほど痛かった足が、ウソみたいです。

本当にありがとうございました。

M様 豊前市 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前