脊柱管狭窄症と言われ手術を勧められたKさん(みやこ町)

2年ほど前から腰の痛みと左足の痺れに悩んでいたKさん(みやこ町・会社員)

行橋市の整形外科ではレントゲン検査などの結果「脊柱管狭窄症」と診断されたそうです。

脊柱管とは、背骨・椎間板・関節・黄色靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。

年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靭帯が厚くなって神経が通る脊柱管が狭くなって(狭窄)、神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症を発症すると言われています。

椎間板ヘルニアと比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので間歇性跛行が起こります。

間歇性跛行とは、

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛

この記事に関する関連記事

良くなる整体からだ快福整体行橋:

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前