腰の痛みについて

腰痛

肩こりと共に「国民病」と言われている腰痛。

男性では第一位  女性では第二位と多くの方が悩まれています。

しかし、この腰痛は現代医学では15%が原因がはっきりしているが、85%の腰痛は原因不明の非特異的腰痛と言われています。

 

レントゲン検査やMRI検査・CT検査などを行っても、殆ど場合が原因不明の為、とりあえず保存療法(コルセットなどで固定)や鎮痛剤(とりあえず痛みを薬の力で抑える)、電気治療(とりあえず全体の筋肉を緩める)などの治療を行っているのが現状です。

 

もしかするとアナタの腰痛の原因は、姿勢の問題や骨盤の歪み、関節の問題、筋肉のアンバランス、内臓からくるものかもしれません。

しかし、これらの原因はレントゲンやMRI、CT検査では写らないため原因不明となります。

784110

腰痛には

①動作的要因(動かすと痛い腰痛 立ち上がりの腰痛や起きる時の腰痛など)

②環境的要因(日常生活に問題がある場合 椅子の高さや足組座りなど)

③個人的要因(筋力の問題、身体的な問題)

がありますが、これらの問題は動作検査や問診、視診などで解ります。

特に①の動作的要因は、静止時には痛くないが動作で痛いのですから、静止状態で検査をしても異常は見つけられません。

 

また多くの場合、腰が痛いからと言ってその原因は腰のみを治療しても改善しない場合が多々あります。

その場合の腰痛は、関連痛なので根本の原因は他にあります。

当院でも以前に来られた方で腰痛にお悩みの音楽家の方がいらっしゃいました。

その方は、チェロを演奏されていましたが、チェロの演奏時に腰が痛く演奏に集中できずに悩んでおられました。

1401447_s (1)

当院に来られる前にも、色んな整形外科や整骨院などの治療院に通われ、最終的には脳神経外科や精神科も受診したそうですが原因不明だったそうです。

当院でも、様々な検査を行いましたが原因はなかなか掴めず、最終的に腰痛が改善した原因は母子対立筋(親指付近の筋肉)でした。

その原因が解ったのは、さまざまな検査を行っても腰痛は軽減しますが、根本的な改善はできなかったため、試しにチェロを持参して戴き、実際に演奏をしてみてもらいました。

その際に、左手に違和感を感じたため試しに左手の母子対立筋の検査をしてみたところ異常がみられました。

本当の原因が解れば、あとはその原因を解決するのみなので簡単です。

このように、ある一定の動作で痛みがある場合は、その痛みのある動作を再現しながら検査を行う必要があります。

 

もし、アナタが色んな治療を受けても改善しない場合や根本からの改善をお望みなら、ぜひ一度ご相談ください

無料

本気

 

 

 

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前