首ボキボキは危険?死亡や半身不随のリスクも!

時折、肩こりや首の痛みの施術で、首をボキボキされて反対に症状が悪化したという話をお伺いします。

以前に比べてボキボキする乱暴な施術院は減ってきたようですが、未だに首をボキボキされて骨折や半身不随などの健康被害が聞かされるのは、同業者として悲しい限りです。

なぜ関節からボキボキ音が鳴るの?

肩や首が凝っている時にボキボキされると、一瞬楽になったような感じがして気持ちいいですよね。

しかし、身体の専門家として首をボキボキ鳴らす施術は良くない!とハッキリと申し上げます。

 

では、なぜ首などの関節から音が鳴るのでしょうか?

この首などの関節から音が鳴る原因は諸説ありましたが、はっきりとは解明されていませんでした。

しかし、2015年になって初めて関節から音が鳴る原因が解明されました。

 

その音の正体は、関節内の気泡がはじける音だったのです。簡単に言うと関節の隙間に溜まった空気がはじける音なのです。

決して骨と骨の摩擦で音が出ているのではありません。

骨と骨との間には隙間があります。その隙間は「滑液」という液体で満たされています。この滑液は潤滑油のような役割で「関節液」とも言われ、この滑液のおかげで関節は様々な動きが可能になります。

その滑液の中に溶け込んでいる空気が、液体の中から気泡となって出てくる時に空気がはじけてボキッと音が鳴ります。

例えば、手の指の関節を鳴らす時は、普段動かしている方向と逆向きに反らすようにしていると思います。

筋肉を伸ばすような感じですね。

すると骨と骨との間の隙間が大きくなり、関節内の容積が増え、液体内の圧力が低くなります。

すると液体内に溶けていた空気が溶けていられなくなり、気泡となって外に出ようとします。

 

解りやすい例で申し上げると、コーラなどの炭酸飲料は水に二酸化炭素を強い圧力で無理やり溶かし込んでいます。

この強い圧力を維持するため、密封した状態で販売されています。

その密封された蓋を開けると、パッケージングされた強い圧力は外の空気圧と同じになり液体内の圧力は低くなり、強い圧力で溶け込んでいた二酸化炭素が溶けきれなくなり気泡として外に出てきます。

首バキバキは危険なの?

首は非常に重要な神経などがつまったデリケートな部分です。

1回ボキボキ鳴らしても大きなダメージにはならないかも知れませんが、空気の破裂で少なからずともダメージを負います。例え僅かなダメージでも血管や神経などデリケートな組織にに微細な損傷がおこることは充分に考えられます。

特に、頸椎の中を貫く椎骨動脈や椎骨静脈は関節の近くにあるため衝撃を受けやすい部分です。

その血管内部が傷つくと、その場所で変性し動脈硬化や血栓などになりやすく、血栓が血流にのって流れていくと脳梗塞・肺梗塞・心筋梗塞などの重篤な疾患を招く可能性があります。

 

また、特に女性は18歳をピークに骨密度が加齢とともに低下し、骨粗しょう症のリスクが高まってきます。

アナタは最近、骨密度の検査は受けたでしょうか?

もしかすると、骨粗しょう症の可能性または予備軍かもしれません。

骨粗しょう症が激しくなると、くしゃみをしただけで肋骨などが折れる可能性があります。

そのような状態で、首をボキボキするとどうなるでしょう?

首をボキボキする施術は、脱力した状態で頸椎を急激に伸ばしたり曲げたりするので脊髄損傷や椎骨動脈解離、骨折などのリスクを伴います。

事実、20年以上前から厚生労働省より禁止するように通達が出ています。

 

首をボキボキする施術の危険性は、英国のブルネイ大学(BluneiUniversity)リハビリテーション研究室の報告でも椎骨動脈解離や脳血管障害など重篤な神経疾患の可能性が示唆されています。

また、2001年に出された米国心臓病学会の報告では「45歳未満で脳卒中を起こした人は、1週間以内にカイロプラクティックで首をバキバキした人が、していない人と比べて5倍多かった」と報告しています。

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前