更年期障害の治療薬

更年期障害の治療薬としてホルモン補充療法(HRT)というものがあります。

このホルモン補充療法(HRT)には、主に以下の薬が処方されることが多いようです。

くすり

【経口剤・飲み薬】

・プレマリン錠

・ジュリナ錠

・ウェールナラ配合錠

・ヒスロン錠

・デュファストン錠

【経皮剤・貼り薬 塗り薬】

・エストラーナテープ

・ル エストロジェル

・メノエイドコンビパッチ

 

ここでは主に経口剤について説明をさせていただきます。

からだ快福整体行橋

・プレマリン錠

「作用と効果」

女性ホルモンである卵胞ホルモンを補充することにより、卵胞ホルモンが影響する婦人科疾患を改善します。

通常、卵巣欠落症状・卵巣機能不全症・更年期障害・膣炎(老人、小児および非特異性)・機能性子宮出血の治療に用いられます。

「主な副作用」

発疹、じんましん、血管浮腫、足の痛み・むくみ、突然の呼吸困難、急に物が見にくくなる(血栓症・血栓塞栓症)などがあります。

・ジュリナ錠

「作用と効果」

卵胞ホルモンの一種(エストラジオール)を補充することにより、卵胞ホルモン低下によって起こる症状を軽減します。

また、骨の量の減少を抑制します。

通常、更年期障害及び卵巣欠落症状に伴う、ほてり・発汗及び膣の乾燥感・閉経後骨粗しょう症の治療に用いられます。

「主な副作用」

性器分泌物、乳房不快感、腹痛、性器出血、腹部膨満、乳頭痛、乳房痛、足の痛み、浮腫、突然息苦しくなる、息切れ、胸の痛み、めまい、意識障害、手足の麻痺、急激な視力の低下(静脈血栓塞栓症・血栓性静脈炎)

・ウェールナラ配合錠

「作用と効果」

卵胞ホルモンの一種(エストラジオール)を補充することにより、骨の量の減少を抑制します。

また黄体ホルモンの一種(レボノルゲストレル)を配合することにより、卵胞ホルモンの作用から子宮内膜を保護します。

通常、閉経後骨粗しょう症の治療に用いられます。

「主な副作用」

乳房不快感、乳房痛、性器分泌物、性器出血、腹痛、乳頭痛、足の痛み、浮腫、突然息苦しくなる、息切れ、胸の痛み、めまい、意識障害、手足の麻痺、急激な視力の低下(静脈血栓塞栓症・血栓性静脈炎)

・ヒスロン錠

作用と効果」

黄体ホルモンの薬で、女性ホルモンの不足などによって起こる月経周期異常や不妊症などに効果を発揮します。

通常、無月経・月経周期異常・月経量異常・機能性子宮出血・黄体機能不全による不妊症・切迫流早産・習慣性流早産の治療に用いられます。

「主な副作用」

腹痛、吐き気、胃部膨満感、寒気、発疹、【血栓症として】片側の麻痺、胸の痛み、足の痛みや腫れ【うっ血性心不全として】息切れ、息苦しい、全身のムクミ【ショックとして】呼吸が苦しい、全身がかゆみを伴い赤くなる、目・口の周りの腫れ【乳頭水腫として】視力の低下、眼球突出、偏頭痛、物が二重に見える

・デュファストン錠

「作用と効果」

合成黄体ホルモン剤で、子宮内膜に分泌期像を作り、また排卵誘発作用もあります。

通常、切迫流早産、習慣性流早産、無月経、月経周期異常、月経困難症、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、子宮内膜症の治療に用いられます。

「主な副作用」

吐き気、嘔吐、食欲不振、発疹

からだ快福整体行橋

これらの薬に多く共通している副作用が

足のむくみ・痛み、息切れ、息苦しさ、めまい、手足の麻痺、静脈血栓塞栓症などです。

静脈血栓閉塞症とは、肺血栓閉塞症と深部静脈血栓症を併せた疾患概念です。

下肢や上肢、その他の静脈において血栓(凝固した血の塊)が生じ、静脈での狭窄、閉塞、炎症が生じる疾患のことです。

 

薬は素晴らしい効果を発揮するとともに、必ず副作用もあります。

薬効が強ければ強いほど、副作用も強くなる「諸刃の剣」の一面もあります。

アメリカの新人医師が読む、医師の心得を書いた「ドクターズルール」では、薬を4種類以上飲む場合の危険性を説いています。

特に薬の併用には専門的な判断が必要です。

併用する場合も併用を止める場合も決して自己判断では行わず、必ず医師・薬剤師さんに相談して下さい。

また、用法用量をきちんと守り服用して下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前