ハチ副院長に差し入れを頂きました!

こんにちは。

行橋市北泉にある良くなる整体からだ快福整体行橋 院長の松本です。

からだ快福整体行橋

行橋市の右手指先のシビレにお悩みのTさんから、ハチ副院長に差し入れを頂きました。

Tさんは以前は看護師さんをされていましたが、現在は退職をされています。

しかし、退職をされる少し前から右手の腱鞘炎や握力低下に悩んでいたそうです。

市内の整形外科では「腱鞘炎」と診断され、ブロック注射や電気治療を繰り返していたそうです。

 

最近は肩こりや首の痛み、膝の痛み等を感じだし、当院と御縁が出来ました。

 

腱鞘炎とは、腱鞘に何らかの理由で痛みや通過障害を起こすことを指します。

手首や指に発症しやすく、それぞれ「ドケルバン病」や「バネ指」などと呼ばれています。

手首に障害を受ける「ドケルバン病」では、指を広げたり親指を動かしたりすると腱鞘付近に疼痛(ズキズキとした痛み)が起こります。例えば、物を持ったりペットボトルを開けるなど親指を使ったつまみ動作などで痛みを感じます。

 

また、指の付け根で腱鞘炎が生じる「バネ指」では、症状が進行すると「バネ現象」と呼ばれる症状が現れるようになります。

バネ現象では、指の動きがスムーズではなく引っ掛かりを感じるようになり、症状が進行すると指を十分に動かせなくなります。

 

病院での治療では、患部の安静と抗炎症薬(イブプロフェンなど)の内服、外用が多く、それでも改善が見られない場合は、ステロイド局所注射や腱鞘を広げる手術が多いようです。

 

当院は対処療法の整形外科とは異なり、整体となりますのでまずは身体全体の歪みを整えていきます。

手先や指先の症状と言っても、やはり身体の中心となる骨盤の歪みは重要です。

骨盤の歪みを整えた後は、手や指先に連動している筋肉の弛緩や周辺の骨格の歪みを調整していきます。

Tさんはネコ背・巻き肩が強くあり、背中がまん丸くなっています。

このような姿勢は、肩甲骨が本来の位置より外側に変位しているので、背骨と肩甲骨内側の筋肉や肩・腕の外側の筋肉(伸筋群)が伸びきっています。また鎖骨も下方に歪んでいるので鎖骨下の神経の圧迫も見られました。

これらの変位を丁寧に取り除き、屈筋群、伸筋群のバランスを整えると指先のシビレは軽減してきました。

Tさんは鎖骨による神経の圧迫や伸筋群が伸びきって硬くなることで、神経を圧迫し痺れが発症している可能性があるようです。

施術後は指先のシビレは10→3程度まで軽くなっていました。

この様子なら、改善は遠くないようです^^ Tさん 良かったですね♪

からだ快福整体行橋

ハチ副院長への差し入れ

いなばペットフード「INABA ちゅ~る」

Tさん ありがとうございます。

さっそく副院長のオヤツにさせて頂きます^^

からだ快福整体行橋

からだ快福整体行橋

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加