行橋市の半月板損傷さんからの差し入れ

こんにちは。

良くなる整体からだ快福整体行橋 院長の松本です。

からだ快福整体行橋

行橋市の右膝の痛みでお悩みのHさんから、嬉しい差し入れを頂きました。

Hさんは、5年ほど前に左膝が痛くなり北九州市の病院で手術を受けたそうです。

手術直後は、痛みもなく順調だったそうですが、3年ほど前から再度痛くなり、現在は膝を曲げると痛みがあるため正座も出来なくなったそうです。

病院では「リハビリを頑張りましょう」とリハビリを繰り返したそうですが、痛みは一向に変わらず膝も曲がらなくなってきたそうです。

半年位前から右膝も痛くなりだしたそうですが、右膝も左膝のようになったら大変だということで当院に来られました。

 

Hさんの身体の状態を調べてみると、両膝とも膝蓋骨は外向きになりガニ股上になっています。

また、両足とも膝裏が床から浮き上がり、膝関節がロックしていました。

このように両膝が曲がっていては、歩く時に膝の内側に過剰な圧力がかかり痛くなるのは当然です。

このような方は両大腿外側の筋肉が硬くなっていますので、身体の歪みを整えるのと同時に、抱いた外側の筋肉を緩めて、膝を真直ぐに伸ばすことが重要です。

G・H療法の筋肉弛緩法は、痛みもなく効果的に弛緩が可能という優れものです。

まずは、ゆっくりと筋肉を弛緩させ、両膝の狭くなっている内側の関節を広げていきます。

次に両大腿前後左右の筋肉のバランスを整えると、歩行時の痛みは殆ど消失しました。

左膝は手術歴があるので、じっくりと時間をかけて丁寧に膝を伸ばしていきました。

初回で右膝の痛みは10→4程度 左膝の痛みは10→6程度まで軽減しました。

左膝に関しては未知ですが、右膝はあと数回程度で充分正座も可能と思われます。

DSC_0367

Hさんからの差し入れのパン

Hさん ありがとうございます!

からだ快福整体行橋

からだ快福整体行橋

 

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前