行橋市の自律神経失調症さんからの差し入れ

こんにちは。

良くなる整体からだ快福整体行橋 院長の松本です。

からだ快福整体行橋

行橋市の自律神経失調症と診断されたHさん(50代・パート勤務)から、嬉しい差し入れを頂きました。

 

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れてしまい、心身に様々な不調をもたらす状態を指します。

身体面での症状としては、頭痛や動悸、倦怠感、肩こり、不眠、めまいなど  

精神面での症状としては、集中力の低下、気力の低下、不安感、怒りっぽさなどがありますが、いずれもストレスや生活習慣に関連して発症することが多いようです。

自律神経とは交感神経と副交感神経のことを指しますが、これらは循環器・呼吸器・消化器・泌尿器・生殖器・感覚器など全身の臓器機能を自動的に調整している機能です。

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れる、機能が亢進する、あるいは機能が低下することで発症すると言われています。

 

Hさんは4年ほど前から全身の倦怠感や頭痛、肩こり、耳なり、目の奥の痛みなどの自覚症状を覚えだしたそうです。

最初は耳鳴りが酷いため、市内の耳鼻科に数ケ月通ったそうですが耳鳴りは治まらず、その他の症状もあったため、内科や婦人科、心療内科にも通い、脳神経外科にも検査を受けに行ったそうです。

現在の医療は細分化し専門性が強くなっていますから受診科が異なれば、アプローチは異なります。

当然のことですが、内科は内科的な診断をしますし、婦人科は婦人科的な診断をします。

すると同じ症状に対しても治療方法は異なってきます。

Hさんも、各病院で処方された多種の薬を服用していたそうですが、最近は不眠状態が続き不安になり、たまたま見かけたTV番組で自律神経失調症には骨盤や身体の歪みが深く関与していると知り来院されました。

 

Hさんの身体の歪み具合を調べると、骨盤などの歪みはモチロンですが、首や頭蓋骨周辺に強い緊張が見られました。

頭蓋骨は1つの骨ではなく、23個の骨が寄木細工の様に組み合わさってできています。

個々の骨は「縫合結合」という線維性の組織で隣合う骨と繋がっています。この繋ぎ目は、僅かですが可動性があり、呼吸により可動しています。

また、脳は脳脊髄液と呼ばれる液体に浮かんだ状態で頭蓋骨に収まっています。

頭蓋骨の縫合結合が、なんらかの原因でズレると中の脳への内圧は不均等になり、脳脊髄液の流れも悪くなります。

するとホルモンバランスに悪影響を与え、自律神経に不具合が出る場合が予想されます。

からだ快福整体行橋

Hさんのようなタイプの方は、頭の後ろ側の付け根部分が緊張のため、硬くなっている場合があります。

これらの硬い部分の緊張を丁寧に解きほぐしていると、寝付きが悪いと訴えていたHさんは熟睡をされています。

 

今回は4回目の施術でしたが、前回より開始した脱力の練習により、最近は不眠も随分と改善され、身体の倦怠感も改善してきたそうです。

 

Hさん 良かったですね♪ 

良くなる整体からだ快福整体行橋

Hさんからの差し入れ 豊津町の花げしきさんの「おいもっち」

Hさん ありがとうございます。

 

お芋のチーズケーキ「おいもっち」

〒824-0121  福岡県京都郡みやこ町豊津292-1

花げしき本店

TEL 0930-33-5008 

毎週火曜日休み AM10:00~PM6:00

からだ快福整体行橋

からだ快福整体行橋

 

 

 

 

 

 

 

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前