みやこ町の変形性膝関節症さんからの差し入れ

みなさま こんにちは。

良くなる整体からだ快福整体行橋 院長の松本です。

からだ快福整体行橋

みやこ町の膝の痛みでお悩みのBさんから、嬉しい差し入れを頂きました。

Bさんは、長年医療関係に従事されていましたが、現在は退職をされ悠々自適な日々を過ごされています。

しかし、少し前から膝が痛み出し、知り合いの整形外科を受診されたそうです。

診断の結果は「変形性膝関節症

変形性膝関節症と一般的には、膝関節の軟骨の質が低下し、少しづつすり減り、歩行時に痛みが出る病気と言われています。

症状としては、平地では大丈夫だが階段の上り下りがツライ・・・

歩行時の痛みはないが、正座が出来ない・・・

などが初期症状で、症状が進むとO脚化が進み、階段のみではなく、平地の歩行でも痛みが出ます。

 

一般的な整形外科では、レントゲン検査によって診断を行いますが、関節の軟骨はレントゲンには写らないため、レントゲン検査では痛みの原因が解らないことが多いようです。

多くの整形外科では、消炎鎮痛剤やヒアルロン酸注射などの薬物療法、ストレッチやリハビリなどの運動療法、人工膝関節置換術などの手術などが治療として行われます。

日本国内では、毎年約7万人の方が人工膝関節置換手術を受けているそうなので驚きです。

しかし、関節に人工骨頭又は人工関節を用いている場合は、関節が全廃しているものとして取り扱い、股関節・膝関節は障害認定4級、足関節は障害認定5級として認定されていました。(H26年4月以降改定・厚生労働省

現在は改定され、股関節・膝関節とも4級、5級、7級、非該当となっていますが、いずれにせよ身体や心理への負担は大きくなります。

当院では、手術は最後の手段として考えています。

手術をしなくて良いものなら、手術はしないにこしたことはありません。

 

西洋医学は確かに優れているものですが、万能ではありません。

そして、変形性膝関節などの動作痛は意外と苦手な分野です。

それは、西洋医学は対処療法だからと言えます。

そして、整体は意外と得意な分野です(笑)

変形性膝関節と言われたBさんも、今では日常生活に何ら問題もなく、毎日を快適に過ごされています。

そして、それは当院内にある多くの笑顔の写真や感想文が証明しています。

もし、膝の問題でお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください!

DSC_0254

Bさんからの差し入れの、副院長のおやつ

Bさん ありがとうございました^^

からだ快福整体行橋

 

 

 

 

 

 

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前