バレンタインチョコを頂きました

こんにちは。

良くなる整体からだ快福整体行橋 院長の松本です。

からだ快福整体行橋

昨日2月14日は、バレンタインデーでしたね。

世の中の多くの男性がヤキモキする一日です(笑)

例え、義理チョコと解っていても嬉しいものです。

院長も来院されている素敵な女性たちから、チョコレートを頂くことが出来ました。

からだ快福整体行橋

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国時代まで遡るそうです。

当時のローマ帝国では、2月14日は女神ユーノーの祝日でした。

女神ユーノーは、全ての神々の女王であり、家庭と結婚の神だったそうです。

翌日2月15日は、豊年を祈願するルペルカリア祭りの始まる日でした。

当時の若い男女は生活が別々でしたが、祭りの前日(14日)に女性は紙に名前を書いた札を桶に入れ、祭り当日(15日)に男性は桶から札を1枚引いて、祭りの間のパートナーを決めていたそうです。

そして、多くのパートナー達はそのまま恋に落ち、結婚したそうです。

 

また、ローマ帝国皇帝のクラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるとして兵士の結婚を禁じていたそうです。

キリスト教の司祭だったヴァレンティヌス(バレンタイン)は、結婚を禁止され嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を挙げていたそうですが、やがて噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝はヴァレンティヌスに結婚式を禁止するように命じたのですが、毅然と皇帝の命令に反対したため処刑されたそうです。

彼の処刑の日は、ユーノーの祭日でありルペルカリア祭りの前日があえて選ばれ、ルペルカリア祭りの生贄とされたそうです。

このため、キリスト教徒にとっても2月14日は祭日となり、恋人たちのひとなったそうです。

 

日本では、女性から男性に愛を告白する日となっていますが、最近では友チョコなど女性から女性に贈ると形態も変化していっているようですね。

当院では2月14日に限らず、365日24時間いつでも受け付けていますよ♪

からだ快福整体行橋

からだ快福整体行橋

 

 

良くなる整体からだ快福整体行橋

〒824-0033行橋市北泉3-7-7 ユクホウビル1F トライアル前